読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたたね歌菜さんとボクの音楽奮闘記☆

お父さん、お母さん、ゆうきは元気です。

【名盤】2016年おすすめアルバム【名曲】

エッセイ 音楽紹介
10月によく聞いてた曲の記事を書きましたが
今度は2016年、一年間を振り返ってみます!
 
中には2016年以前リリースのものもあるかもしれませんが
ボク個人が今年よく聞いてた!楽曲、アルバムたちです。
順番に特に意味はありません!
 
最初は
BlackStar/デビットボウイ
惜しくも今年亡くなってしまいましたが
最後の遺作となったこの作品にあふれるクリエイティビティは半端ないです!
とにかく表題曲「Blackstar」
10分を越える大作ですがその独特な世界観、音の処理、歌詞の世界。
すごいとしか言いようが無い。
 
Dystopia/メガデス
日本ではマーティフリードマンが在籍していたバンドとして
有名かもしれませんが、世界4大スラッシュの一角です。
最近出たメタリカの新作がサウンドはカッコいい!けど
楽曲としてはいまいちだったのに比べこのアルバムは
サウンド、楽曲の緊張感、メロディどれをとっても
最盛期に劣っていません。
それもそのはず、ギターに元ANGRAのキコ様が加入。
そのテクニカルでメロディアスなギターが炸裂しまくり!
 
Garden of Delete/Oneohtrix Point Never
Garden of Delete

Garden of Delete

  • Oneohtrix Point Never
  • エレクトロニック
  • ¥1500

 

エレクトロニカIDM系に属するのとは思いますが
シンセ、ノイズによる音像の作り込みがヤバい。
ミニマル的な繰り返しはほとんどなく刹那的。
やばいやばいです。
 
Everything/Lido

 

Everything

Everything

  • Lido
  • エレクトロニック
  • ¥900

 

こちらは以前の記事でも紹介してましたけど
フューチャーベースのプリンスがリリースした
初のフルアルバム。EDMへのカウンターとしての衝撃!
 
 
 
日本人クリエーターのエレクトロポップ、ドリーミーかつキャッチー
とにかく美しくて一気に引き込まれる!!
 
 
 
Maximize/アマランス
Maximalism

Maximalism

  • アマランス
  • メタル
  • ¥1800

 

メタリックでメロディックで男女ツインボーカル(デスボイスあり)
そしてゴシック風味、、、と日本人受けする要素が半端ないバンド。
アルバムの楽曲の粒立ちがすごくて一曲目が気に入れば間違いなく全曲気に入るでしょ!
 
 
Mutant/Arca
ノイズをここまでかっこ良く聞けたアルバムは初めて。
ジャケットからただ者じゃない感がすごいのだけど
中身もすごい。
いろんな感情を音にしてぶちまけてみましたって音なんだけど
サウンドデザインはすごく丁寧で思わずトリップしてしまう。
他のアーティストのプロデュースもしててトレンドレズナーみたいな
大物になりそうな感じがすごい。
 
 
A Moon Shaped Pool/レディオヘッド
期待に期待されまくるレディオヘッドの新作だけども
アンビエント、チル風味がましまし。
ただ単純に美しいメロディや音がそこにあって
KID A以降としたらレディオヘッドらしくて安心して聞けるアルバムですた。
 
 
Lukas Graham/Lukas Graham
7Yearsが大ヒットして有名に。
メッセージ性の高いPVも日本用に作られてた。
シンプルなサウンドに美しいメロディー。
あんまり説明いらない系。
とても好き。ちなみに7YearsのピアノはNIのアリシアキーズだって。
 
 
#5/AA=

 

THE MAD CAPSULE MARKETSの上田さんのプロジェクト
歪んだギター、ドラム、シンセ、ボーカル
歪みのスペシャリストの作り出すすんげえかっこいサウンド!!
 
 
君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。
/THE 1975
タイトルなが!!!これ邦題の悪ふざけかと思ったら直訳だったwww
デビューからいきなりブレイクしたUKバンドの2nd
良質な80'sファンクロックかと思いきや
ゴスペルやエレクトロニカ風味も含みだすアルバム後半の展開が好き。
レディオヘッドシューゲイザーサウンド、マイケルジャクソンをリスペクトしてるみたい。
とかくメロディーが美しいのとポジティブな音
作り込まれた音像は引き込まれる。ゲートリバーブしかりシューゲイズっぽいギターしかり。

【両国国技館】上坂すみれさんLIVE参戦!【行ってきた】

エッセイ 日常系オイラ

f:id:kanademusic0224:20161223214812j:plain

 

両国国技館で行われた上坂すみれさんのライブを見てきました!

歌、MC、演出などなど見どころ満載で

すごいエンターテイメント!!

 

歌謡プログレとも呼びたくなる魅力的な楽曲が好きです!

 

 

【もはや】AppleMusicによる音楽生活革命【インフラ】

エッセイ Apple
定額聞き放題サービス
AppleMusic
 
同様のサービスは他にもありますが
単純にAppleのサービスなのでこれを使ってます。
 
こいつはやばいです。
 
電気、水道、ガス、ネットに次いで
AppleMusicは重要なインフラとなっております!
 
 
初めてMacを買い
iTunesを使って
もうCDの入れ替えとかしなくていい!
好きなプレイリストが一瞬で作れる!!!
と感動し
 
iPodを購入したら
iTunesが持ち運べる!!」
とさらに感動し
その後しばらくして
AppleMusicの出現で
何百万曲も聞き放題!!!
 
というありえない状況にガチガチと震えたものです。。。
 
思えば中学生時代は3ヶ月分のお小遣いを貯めてやっと
アルバムが一枚買える、、、
高校時代はちょっと増えたけども、、、
 
そんな時代だったので
1枚アルバムを買えば
ひたすらそれを聞き、ギターでコピーをして
MDでマイベストを作って聞いたりと
少ない曲数を宝物のように愛していた時代でした。
 
いつぞやか小さなCDショップにネットに繋がってる
試聴機が導入され名前だけ知ってるけど聞いたことないアーティストの
楽曲が少し聞けたので興奮して色々検索していると
数時間経ってたらしく店長に
「それは君のおもちゃじゃないよ!」
と怒られたことがありました。。
 
それだけ新しい音楽や情報に飢えていたんですね。
 
今は聞き放題ですよ!!!!
 
 
 
ただ私があのころ
曲を作ってみよう 作ってみたい
って思ったのは
 
好きなだけ好きな音楽を聴ける環境ではなかったので
自分で作るしかない!
という衝動があったのかも、と思ったり。
 
あの時にAppleMusicがあったら
リスナーとして満足していたかもしれません。
 
Logicも含めアップルさんは
私の人生を変え続けてくれる。。
いつかAIチップを埋め込んでパーフェクトヒューマンにしてください。。。

【Mac】おもひでポロポロ【戦闘力】

Apple エッセイ
Macやパソコンの性能を測るベンチマークテストというのが
あるのですがそれを測るとCPU(頭脳)の賢さ
もとい戦闘力を知ることができます。
 
 
 
こちらのサイトで2010年以降のmacベンチマーク結果を
見れます

 

一番高いものは
戦闘力 
2万3000
低いもので
戦闘力 
1500
ベジータ戦(地球)での
ベジータクリリンほどの差が…!
 
もちろんコア数の違いもあるので単純に、とはいきませんが
進化はヤバイ
 
そして私が初めて購入したMac
Power Macintosh G4 (Quicksilver 2002)(800 MHz)
で価格はおよそ20万円!!!!
f:id:kanademusic0224:20161215015840g:plain
こいつの戦闘力は
およそ
 
350!!!!
 
 
 
亀仙人くらい??? 見た目は完全に強そうなんですけどね。
 
現在20万出せば
戦闘力 1万5000くらいのmacは買えちゃうので本当に
進化はすごいものです!
 
5年くらい前に出たCore iシリーズのCPUから
進化スピードはかなり緩やかになってますが
それ以前は一年で倍!が普通の時代もあって
今以上に頻繁にMacの買い替えが必要になってました。
 
今は5年前のでも全然戦えます!!
 
パソコン業界はまだナメック星編には突入してませんね!!
 
2台目に購入したのが40万くらいで
戦闘力 1695!!
 
だったので当初はサクサク最強!(5倍近いですからね)
だったんですけどソフトウェアの進化もすごくて
ヒーヒー言わせながら(言いながら?)曲作ってました。
 
ただこれ、、、わたくしの先輩世代の話になると
値段が一桁、二桁変わってくるので
十分いい時代に生まれてきた!と言えるレベルなんですよね。
 
いつかマシンスペックなぞ一切囚われることなく制作ができる時代が
そう遠くなくやってくると思いますが
結局扱うのは人間なのでその時その時に合わせて修練の日々です!!

【MBP】MacBookPro 13インチ mid2012【名機】

エッセイ Apple
ボクが普段ネットサーフィンなど普段使いで活用している
MacBookPro 13インチ mid2012が最強だと思う理由をあげてみた。
 
1.
USB3.0 Firewire800 イーサーネット TB SDと端子がたくさん。
何でも刺さる。
 
最新のMB(macBook)なんてもうUSB-Cだけ。
裏も表もなくなっちゃって刺し間違えて
うっほっほ、こりゃ逆でしたか!すんまへんな!
って陽気な会話も出来ない。
MB欲しい。
 
2.
改造できる。
改造はロマン
いまボクのMBPはSATAがいかれてるっぽいのでDVDドライブぶっこぬいて
そこにHDDをいれてる。
SATAケーブルかえばなおせるっぽいけどやってない。
最新のMBなんて改造できない。
出来るらしいけど高度な技術がいりそう。
MBに最適化されたデザインの各種パーツが接着されてるからだと。
MBすこし欲しい。
 
3.
筋トレができる。
軽量化に進むMBP
こいつは2kgもある
結構重いので鞄に入れてあるくとちょうどいい負荷になって
運動不足を解消できる
最新のMBなんて軽すぎ、薄すぎ
絶対持ち歩いても筋肉に負荷がかからない
MBホント欲しい。
 
4.
忘れない。
軽量化に進むMBP
こいつは2kgもある
まずどこかに忘れる、ということはありえない。
いれないと鞄が軽すぎるから。
最新のMBなんて軽すぎ、薄すぎ
机の間に挟まって忘れそう。
MBめっちゃ欲しい。
 
5.
落とさない。
軽量化に進むMBP
こいつは2kgもある
自然と持ち方がしっかりもつようになる
最新のMBなんて軽すぎ、薄すぎ
片手でほいっともってしまって滑りそう。
MBどえりゃー欲しい。
 
6.
再起動するときにコーヒーいれる時間待ってくれる。
仕事用はSSDだからすぐ立ち上がって余裕がない。
最新のMBなんて爆速、サクサクで
一息つく余裕も無い
MB禿げ上がるほど欲しい。
 
7.
会話ができる。
Siriじゃなくって
カリカリカリっていったり
いきなりファンがブオーーン!っていったり
がんばれがんばれ!ってできる。
愛着が半端ない。
最新のMBなんて静音、回転する部品なしで
無口、無表情。
MBまじクールで超欲しい。
 
8.
目に優しい。
解像度があまり高くないので
ついつい文字や表示を大きくしちゃうので
目に優しい。
最新のMBなんてレティナだとかいって
小さい文字も潰れず読めてしまう。
これは目が疲れそう。
クリスマスプレゼントに欲しい。
 
サンタさんボクに最新のMacBookください。

【レガシイ】温故知新【それがし】

エッセイ プラグイン

レガシイ感のあるアレンジをしていたので

プラグインも普段は手を伸ばさない古いやつを使ってみました。

 

WavesのQシリーズは学生の頃からお世話になっていて

今使ってもすごくいいなあ、と思う。

FabFilterなど最近のイケてるデジタルEQはカットもブーストも自然なんですが

Qシリーズは音がかなり変化する印象。音痩せしてるのかな?

ただその変化が嫌じゃないんですよね。

ルネッサンスEQよりQ10が好きで随分使ってました。

 

Logicも9までは互換性を保つためかSilver EQ Compなど

レガシイなプラグインがまだ入ってます。

操作性はさすがに難ありですが使えない音じゃないです。

 

生録音したものや生系のサンプル音源だと

倍音がたくさん入ってるため、EQもハイクオリティなのを

使った方が良いと思いますが

シンセや目立たなくていい楽器には古いプラグインを使って

音痩せさせるのもアリかもですね。

音をわざと悪くするのも一つのテクニックです!

 

今ではLogicに標準で付いてるコンプも

ルックス、音ともにサードパーティレベルになってます。

f:id:kanademusic0224:20161217171330p:plain

 

こちらもワクワクしますが

気分転換に昔使っていたものを立ち上げると

新たな発見があるものです!

【丁寧に】素材仕込み【粛々と】

エッセイ

ブラックフライデーやその後仕事で必要で購入した音源、サンプル等

の仕込みを粛々としております。

 

海外のサンプルパックなんかは

過去の素材と合わせてフォルダ分けやカテゴライズしたほうが

検索しやすいですし、Logicやサンプラーに取り込んだほうが

いいかなーというものもあってそれをやってました。

 

基本的に音を聞かなくてもいい作業もあるので

音楽を聴きつつ丁寧に仕込みます。

 

一度仕込んだら大げさじゃなく一生使えるマイライブラリになる

可能性があるのでこう言った地道な作業がアレンジャーの個性、武器になって

いくのかなと思っております。

 

粛々と、ただ粛々と、、、、、

 

こういう時目と耳がもうワンセットあれば

マルチタスクでアニメとか見れるのに!

 

まだだ!まだ終わらんよ!