うたたね歌菜さんとボクの音楽奮闘記☆

お父さん、お母さん、ゆうきは元気です。

【目指せ】未来感のあるやつ【近未来】

DAW界隈で各楽器に最適なエフェクター設定を自動でやってくれ

かつ楽曲内での住み分けもオートマチックでやっちゃう未来感のあるプラグイン

iZotopeのNerutronがとても話題になってます。

 

そもそもDAWを初めて触った時にも相当チート感は味わいましたけども

技術の進歩に対して鈍感になってしまってますね、最近色々凄すぎて。

 

しかし

butしかしですよ!

 

未来感あるなーと酔えるのって以外と一瞬で

結局今までのやり方(アナログ的な)がいいなってなってしまうことも多くって

もうないと元に戻れない!ってほどのものってなかなか出てこないですよね。

 

例えば、、、

 

音声認識入力。

キーボード入力じゃなく音声で文章を入力するわけですが

声を出さないといけないっていうのが意外と億劫で

最初だけ使ってみて

 

「おおお、未来感ある!」となって終わりでした。

 

今、活躍してる場は

「滑舌悪い芸人」さんがいかに認識されないかというバラエティくらいな気がします。

(バリバリ音声入力でやってるよ!っていう方がいらっしゃったらすいません汗)

 

ガンダムSEEDの中盤、Orbの開発者のお姉さんが音声で「入力、電話に出る、データ保存」なんかを全てやってるシーンは未来感ありましたけど

インパクトあったのはやっぱり

第1話でキラがものすごい速さでキーボードぽちぽちしてOSを書き換えるとこなので

 

スマートさよりも「やってる感」への酔いの気持ちよさの方が勝るのかもしれません。

 

Nerutronを使って時短mix、耳が疲れてる時の目mix、は他には変えられないものはありそうですが

触っててアガるのはやっぱり

アナログのパネルを再現したマウスじゃいじり辛いつまみをグリグリするとき!

ですよね〜